POWER!


ふと涙を流したとき
感情があることに安堵する
<< てのひらに零れた | main | ちぇるしーほてるにて。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
願いよ叶え
 
ひほさんの日記がとてもよかった。あったまった。
やっぱりすごい。憧れだ。めがねもかわゆかった。

いつのまにか嘘つきが解散してて、
電車の中で本気で泣きそうになった。
どんどんいなくなっちゃうね。
わたしの知らないところでね。

私、いつまでも更新されないスケジュールを期待して
毎日サイト覗くわけじゃないよ。そんなに強くないよ。
そのためにアドレスも変えなかったのに。

東京だからくるわけないよね、ってやっぱみんな思ってて、
前は当たり前みたいにきてた告知メールがこないのは、
やっぱり、さみしい。すごく。さみしい。

カールがその日復活してたのも、
ディスクラもらっども全部いたことも、
知ってて行けないのと、
知らずに後で知るのは大違いだと思う。

せつない。
こうやって人って忘れられていくんだろうか。

でも、遠くで生きることを決めたのはわたしなんだよね。
わたしはわたしでこっちでそれに勝るくらい、
大切なものを見つけていけばいいだけの話なのだろうけど。

それでも、それでも、
あの場所もあの時間たちも、
私にとって輝きすぎてたんだよ。

今度いつ地元に帰るかはわからないけれど、
ふらりとガイルスにでも寄ろうかなぁ。
誰がいなくてもいくて。空気だけでも。とか、思う。

でも、前に立った瞬間大泣きしそうだなぁ(笑)。

あの階段の上から、ユーのぼってきちゃいなよ!って
言われたこととか(笑)
見つけた瞬間ととととって降りてきてくれたこととか、
機材運ぶのをベンチに座ってぼんやり見てたなとか、
いっつも傘立てに同じ傘が入ってたなとか、
ばかみたいに鮮明に思い出せすぎるもん。


いつも隅っこに立ってたから、
ドアが開くたびに人を通してて集中できなかったなぁとか。
ビートルズの写真が飾ってあったなぁとか。
幕がひっかかるから誰か引っ張る係が毎回いたなぁとか。
それをたまに私もやってたなぁとか。
こっそりドリンクカウンターでバイトしてる
某メジャーバンドのボーカルさんもいたなぁとかw

懐かしいねぇ。

恋しいなぁ。

でも多分、ふと足を止めても、
あの時いた人の誰もそこにはいないんだろうね。

もうすぐ春が来るよ。
| 雑 談 | 14:32 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 14:32 | - | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE